海王丸パークには愛のスポットが一杯!

大切な人と一緒に「ラブスポット」めぐり

海王丸パークの「ラブスポット」を紹介

■幸せの鐘 (海王丸最上甲板)

タイムベルは、現役の練習船時代には、訓練生へ鳴らす回数で時刻を知らせていたもので、歴代の訓練生、そして今でもボランティアや乗組員の手で丁寧に磨かれ、「海王丸」などの刻印も消えかかっていますが、真ちゅう色に光り輝き、海辺に深みのある穏やかな音色を響かせてくれます。
 大勢の船乗りに見守られてきたことから、タイムベルには不思議なパワーがあるとされ、また海王丸の誕生日が、愛の誓いの日と言われるバレンタインデーでもあることから、鐘を鳴らす男女のカップルも多いようです。  バレンタインデーに幸せの鐘(タイムベル)をお二人で鳴らしてみませんか。

帆船海王丸へ

■恋人の聖地の「愛結び/愛鍵」

帆船海王丸からたくさんのカップルの愛を見守っていけるように、「愛むすび/愛鍵」(第二甲板)があります。部屋には、「誓いのフェンス」がありそこに海王丸パークのハートロック「愛鍵」をロックすることができます。愛の願いを込めて鍵をかけると、その二人は永遠に結ばれるという「愛の鍵伝説」。
この期間中に、ぜひお二人でおいでください。
※期間中は、通常価格1,000円を700円で「愛鍵」を販売いたします。

■恋人の聖地 モニュメント

2013年に海王丸パークが「恋人の聖地」に認定された記念に設置されました。青銅製の船の舵輪にハートをかたどった高さ1.5mの記念碑です。

Copyright © Power Valentine Week 2014 in Kaiwomaru Park